リフォームの流れ reforms

洗面台のリフォームについて

今回は洗面台のリフォームについてご紹介いたします。

 

洗面台の形状はビルやお家によって様々なものがあります。

鏡と、歯ブラシや洗顔フォームなどの小物を置く台が付いただけもの、または収納スペースがたくさんあるもの、洗面台を使ってメイクなど身なりを整えることができるよう椅子が付属しているものなどです。

 

洗面台のリフォームタイミングは、洗面台の陶器部分の交換が必要となったときです。

一般的にはおよそ15〜20年と言われていますが、扱いが悪いと5年や10年でヒビが入り、交換・リフォームが必要になってしまうケースもあります。

 

また、洗面台の陶器部分以外でリフォームのタイミングの目安となるのは、水栓部分です。

水栓部分に不具合がでた場合には、水道が蛇口タイプであれば交換のみで済むのですが、シャワータイプの場合には不具合が出たのがホース部分だけであってもシャワー部分まるごとの交換が必要となる場合もあります。

 

お客様のご自宅の設備の状態によって必要な工事が異なります。

交換だけで済むのか、リフォームが必要なのか?などなかなか決められないことも、専門のスタッフがご相談させていただきます。

 

ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちらから