リフォームの流れ reforms

手すりの取り付けリフォームは?

手すりの取り付けリフォームは、その住居に住む人が高齢になってくると取り付ける人が増えていきます。

手すりは日常生活の中で本当に必要なものなのかと、若い年齢層の人たちは感じるかもしれませんが、高齢者や身体のどこかが不自由になってしまった人、若い人でも骨折など怪我をした場合に手すりがあると助かることはとても多くあります。

そんな手すりの役割は、加齢による筋力の衰えや、妊娠中や病気、怪我などの状況にある人など身体のバランスを崩しやすい人が転倒を防止したり、バランスを整えるのに役立つことです。

 

特に歩く導線上に手すりがあると、歩く時に少し手を添えるだけで、危険や不安が軽減されます。

手すりの取り付けリフォームを行う時に、どのような場所に設置するのが良いのかは、段差のある場所です。

特に玄関は、段差以外にも靴を脱いだり履いたりするので、手すりがあると便利ですし何かと安心です。

この他にも、廊下や階段の手すりも必須です。また、トイレや浴室などにも手すりがあると、動作を変えるときの支えになるので安心できます。

このように、ちょっとあったら便利かなと思えるところに手すりを設置すると生活の質が高まるので、タイミングを見て手すりの取り付けは検討するようにしましょう。

和歌山県田辺・白浜・上富田でリフォームのことなら株式会社アイスリフォームにお任せください。

 

お問い合わせはこちらから